職種紹介

CRC業務

治験が正しくスムーズに行われるように、治験担当医師や医療機関のスタッフとの調整、被験者様のケアなど治験の現場で行われる業務全般をサポートします。専門的な知識は先輩CRCのサポートを得ながら常に勉強することも必要ですが、医療現場で多くの人と接しながら仕事をし、新薬開発の一端を担うという大きなやりがいのある仕事です。

CRCの仕事の流れ

治験の事前準備

担当するCRCは、治験依頼者とのプロトコール勉強会を通して、治験薬や治験手順、スケジュール、使用する資材などについて詳細な打合せを行います。この内容をもとに、治験を実施する医療機関と開始前の準備を進めていきます。

スタートアップミーティング

事前準備が整ったら、いよいよ治験開始です。医療機関の関係部署の皆様を対象とした説明会(スタートアップミーティング)で、治験を実施する具体的な手順について確認します。

スクリーニング

治験責任医師の指示のもと、治験の対象となる患者様の適格性について確認をします。

同意説明補助~
治験参加終了まで

担当医師から治験の内容について説明を受けた患者様に、具体的なスケジュールなどの補助説明をします。またCRCは、治験参加の同意をいただいた被験者様との十分なコミュニケーションに重点を置き、不安や疑問を解消しながら参加していただけるようご案内します。

治験依頼者(モニター)との
連絡調整

治験依頼者の担当者(モニター)による定期的な治験資料の確認作業に立ち会い、正確なデータを提供するための架け橋として活躍します。

資質、求める人材像

CRCは、治験依頼者、医療機関の各部署の担当者、治験にご協力いただく患者様の間に入って、治験が円滑に進むように全体をコーディネートすることが業務です。相互に連携をとりながら調和を図る役割を求められますので、高いコミュニケーション能力を兼ね備えていることがとても大切です。知識は経験を積むことで習得していくこともできますが、誠実さ、明るさ、粘り強さ、調整力や判断力などの資質をより重視しています。

ページのトップへ戻る