職種紹介

SMA業務

提携医療機関の治験実施に関する調査から始まり契約業務、治験事務局やIRBの運営・管理、必須文書の作成など幅広い業務を行います。治験依頼者や医療機関など社外の人だけでなく、CRCなど社内スタッフとの連携も治験をスムーズに進行させるために重要となります。医療機関の業務負担を軽減し、治験依頼者との架け橋となる重要な役割を担っています。

SMAの仕事の流れ

治験依頼者からの案件打診

治験依頼者(製薬企業、CRO等)より治験実施の可能性に関する調査依頼があったとき、提携の医療機関へ実施の可能性に関して調査を行い治験依頼者へ調査情報を提供します。

治験依頼決定
プロトコール合意

得られた情報を基に治験依頼者側で実施の可能性について検討が行われ、依頼することが決定した場合、プロトコール内容に対して合意が行われます。

治験実施準備

治験審査委員会(IRB)による審査のための資料や治験実施に関する契約等の準備を行います。

治験審査委員会(IRB)での
承認~契約締結

治験審査委員会(IRB)で治験実施の可否について審査が行われ承認が得られた後、治験実施の契約が締結されます。

スタートアップミーティング
~治験開始まで

治験実施に係わる担当医師、医療機関スタッフなどを対象に、プロトコールに準じた院内での治験業務の流れに関してのミーティングを実施した後、治験資材が搬入され、治験開始となります。

治験開始~治験終了まで

必須文書の作成・管理、治験費用の請求管理、治験審査委員会の運営、治験依頼者による確認作業への対応など治験実施に必要な事務局業務を行います。

資質、求める人材像

契約関連や必要書類の作成・管理を行う「事務的側面」と治験を実施する医療機関の体制整備などの「営業的側面」があります。多くの人と接する機会が多いのでコミュニケーション能力はもちろんのこと折衝・調整能力といった営業的スキルも大切です。プラス思考で明るく元気な方はどんどんスキルアップできる環境にあります。

ページのトップへ戻る